海外旅行傷害保険

海外旅行 海外旅行傷害保険は、海外旅行に年に1回以上の頻度で行く人であれば、気にするべきの付帯サービスです。有料の海外旅行傷害保険に加入すると、旅行の目的地や期間にもよりますが例えば1週間程度のアメリカ旅行の場合、1人当たりの保険料は5000円前後になります。しかし、海外旅行傷害保険が付帯するクレジットカードはかなり多く発行されており、ゴールドカードなどの年会費が高いカードはもちろんのこと、年会費無料のカードにも付帯されているものがあります。カードによって補償の手厚さは異なりますが、カード付帯の海外旅行傷害保険をきちんと活用すれば、保険料の節約になります。

とはいえ、カード付帯の旅行傷害保険にはいくつか注意点があります。まずは、その補償の内容。海外旅行傷害保険は「傷害死亡・後遺障害」「傷害治療費用」「疾病治療費用」「賠償責任」「携行品損害」「救援者費用」...などに分かれており、それぞれに補償限度額が設定されています。カードに付帯する旅行傷害保険の場合、傷害治療や疾病治療費用、救援者費用の補償限度額が十分でないことが多いのです。海外で治療を受けたり、海外から治療のために搬送されたりすると、数百万円もの高額の費用がかかることがあります。しかし、クレジットカードの付帯保険だと補償限度額が200万円に設定されていることが多く、これではいざというときに不安があります。カードの補償が不十分な場合は、別途お金を払って保険に加入するようにしましょう。カードの付帯保険に足りない特約だけを選択して、保険金額を上乗せできるオーダーメイド型の海外旅行傷害保険を利用すると、保険料を節約できます。

なるべくお金を節約したいという人には、海外旅行傷害保険が付いたクレジットを複数枚持つことで補償を厚くするという手もあります。例えば、疾病治療費用の補償限度額が100万円のAカードと200万円のBカードを持っている場合、いざ病気になったときにA社とB社を合わせた300万円までは保険金が支払われる仕組みになっています(ただし、傷害死亡・後遺障害だけは、複数枚のカードを持っていてもその保険を合算されることはありません。最も高いカードの補償額が上限になります)。

傷害死亡・後遺障害 傷害治療費用 疾病治療費用 賠償責任 携行品損害 救援者費用
Aカード 2000万円 200万円 150万円 1000万円 50万円 200万円
Bカード 1000万円 100万円 50万円 500万円 20万円 100万円
補償限度額 2000万円 300万円 200万円 1500万円 70万円 300万円

年会費無料で海外旅行傷害保険が付帯するカードを何枚も持てば、年会費の高いカードやお金を払って加入する保険よりも手厚い補償を受けることも可能なのです。しかし、実際に病気やケガ、その他何らかのトラブルに遭って保険金を請求する際、何社もの保険会社に対して請求手続きをしなけらばなりません。その手間がかかることをお忘れなく。

年会費無料で海外旅行傷害保険が付帯する主なクレジットカード

海外旅行傷害保険 傷害治療費用 疾病治療費用 賠償責任 携行品損害 家族特約
楽天カード
楽天カード
2000万円 200万円 200万円 2000万円 20万円 なし
JCB EIT
JCB EIT
2000万円 100万円 100万円 2000万円 20万円 なし

家族で旅行に行く人の場合、家族が保険でカバーされているのかどうかもよく確認しておきましょう。年会費1万円程度のゴールドカードであれば「家族特約」が付いており、カード会員の家族にも海外旅行傷害保険が自動付帯されることが多くなっています。しかし、年会費の安いカードだと、大半は家族特約が付いていません。有料の保険に加入するなり、家族特約の付いたクレジットカードを持つなりして、きちんと家族の分までケアするようにしましょう。

そのほかの注意点として、旅行代金をそのカードで決済しないと、保険が適用されないカードがあること。また、カード付帯の保険を提供している保険会社の緊急連絡先をきちんと調べ、旅行先でもすぐにわかるようにしておく必要があることです。せっかく保険が付いていても、保険の対象外であったり、いざというときに頼ることができなけらば意味がありません。保険の内容をしっかり把握して、賢く使いこなしてください。

QLOOKアクセス解析