ポイントを使って電車に乗れる

ポイントと電子マネーが接近する動きはさらに広がっている。たとえば、東急グループは東急ストアなどでもらうことができるグループ共通の流通ポイント「TOKYUポイント」をPASMOに交換できるサービスを開始する。TOKYUポイントは、鉄道、流通、不動産、ホテル経営などを手がける東急グループ共通のポイントサービスとして2006年4月にスタートした。サービス運営は東急カードが手がけている。クレジットカードを主体としたサービスを展開しているが、東急ストアなどのスーパーマーケットで使える現金専用のポイントカードも発行している。

TOKYUポイント加盟店での買い物の精算時にカードを利用するとTOKYUポイントが貯まる。加盟店は、東急百貨店や東急ストアなどのグループ流 通店舗や映画館、ホテルなどである。加盟店によってポイントのレートは異なっているが、たとえば東急ストアでは200円の買い物で1ポイントが貯まる。ポ イント利用についても加盟店によって条件が異なる。共通ストアでは1ポイント1円で利用したり、ポイント数に応じた景品と引き換えることができる。他の企 業との提携も行っており、たとえばTOKYUポイントをJALのマイレージに交換することも可能である。なお、東急ストアではTOKYUポイント開始に合 わせて、レジ袋を辞退した顧客に対して2ポイントを発行するサービスを始めた。

PASMO とポイントサービスの関係では、東急グループだけでなく、小田急電鉄や京王電鉄、さらには東京メトロなどもオートチャージ機能に対応したクレジットカード でポイントが貯まるサービスを実施する。なかでも東京メトロの「Tokyo Metro ToMe Card」はPASMOによる乗車でポイントが貯まり、貯めたポイントを再びPASMOにチャージできるだけでなく、ANAのマイレージと相互交換する サービスも実施する。すなわち、交通系電子マネーとANAマイレージとの交換ルートができることになり、JALマイレージとSuicaとは異なる交通系電 子マネーとマイレージの回路が開かれることになる。


QLOOKアクセス解析