ANAカード

ANAカードについて

ANAの提携クレジットカードを作ると、入会時、毎年更新時に、カードの種類に応じて最大2千マイル、及び搭乗ごとにカードの種類に応じて、搭乗した区間マイルの最大25%のボーナスマイルがもらえます。
また、マイルプラス対象店舗では、ANAカードで支払うと2倍マイルがもらえるので、さらにオトクです。海外旅行傷害保険も付帯されています。

ANAカードには、大きく分けて3種類あります

ANA VISA Suicaカード一般カードは、年会費は提携カードの中では一番安く済みますが、入会時などにもらえるボーナスマイルが少なくなります。100円クレジットカードを利用すると、1マイル分のクレジットカード会社のポイントがもらえます。ただし、クレジットカードのポイントをマイルに移行するためには、年間移行手数料2100円が必要です。

ANA JCBワイドカードワイド力-ドは、一般カードに比べて、海外旅行傷害保険の保障額が大きく、入会や搭乗時のボーナスマイルも多くなっています。エコノミーチケットでのチェックインでもビジネスクラス(CLUBANA)専用カウンターでチェックインができるので、混みがちなエコノミーチケットでのチェックインもスムーズです。

ANA JCBワイドゴールドカードワイドゴールドカードは、ワイドカードの機能にプラスして、クレジットカードのポイントをマイルに移行する手数料が無料、国内旅行傷害保険の付帯などのサービスが付加されたものです。提携カード会社のゴールドサービスも受けられます。

どのカードタイプを選ぶのか?

どのカードを選ぶべきかは、自分にとってのマイルの価値と年間の飛行機の利用距離によって違ってきます。

ANAカードの場合、いずれのカードもマイル加算の条件は同じです。移行するのにワイドゴールドなら費用がかからないだけなので、年間利用額による条件の違いはありません。

カード入会初年度は一般カードの年会費無料サービスがあるので、境界線が変わりますが、年間搭乗距離が多い人ならワイドカードが、あまり飛行機に乗る機会がない人なら一般カードがお得です。

たとえば、入会初年度なら、1マイルを2円で計算した場合、22208マイル以上の搭乗がある人はワイドカードが、それ以下の年間搭乗距離の場合は一般カードがお得です。2年目以降は、1マイル2円で計算した場合、一年間に1万5千206マイル以上搭乗する場合はワイドカードが、それ以下の搭乗の場合は一般カードがお得です。

ゴールドカードは、ゴールドのサービスを使いたい場合に選ぶと良いでしょう。

Tポイント、楽天ポイント、Edyとの連携が強い

ANAの場合、ANAカードマイルプラス提携店なら、カード会社のポイントとは別に、100円or200円で1マイルを自動で積算されます。たとえば、マツモトキヨシで買い物して、ANAカードで支払いをすると100円=1マイルが付く。
ネットショッピングは、ANAマイレージモールを経由すると、楽天市場なら購入200円=1マイルが付く。
ANAマイルは、色々なポイントサービスへ以降や交換ができます。
主な交換先:Tポイント、楽天スーパーポイント、Suicaポイント、Edyなどがある。

ANAマイルは、Edyとの連携が強くJCBワイドゴールド、ダイナースカードならチャージでマイルが貯まる。また、Edyでポイント利用時に貯めるポイントをANAマイルにしておけばOK。月額315円のANAマイレージクラブモバイルプラスに入会すれば200円=2マイルが貯まる。

ANA提携カードでスタンダードかつ使い勝手に優れたカード

出張・旅行が多い人なら
ANAアメリカン・エクスプレス・カード
ANAアメリカン・エクスプレス・カード
年会費:7350円
年会費は安くないが、アメックスのサービスを満喫できる1枚。アメリカン・エクスプレスが提供する国内外(羽田、成田、新千歳、那覇、ホノルル、仁川など)の空港ラウンジを同伴者1名とともに無料で利用できる。旅行傷害保険も手厚く、海外旅行では最高3000万円(利用付帯)
Suicaをよく使う人なら
ANA VISA Suicaカード
ANA VISA Suicaカード
年会費:2100円
年会費が2100円と手ごろ。しかもWEB明細書サービス利用+マイ・ペイすリボへの登録と年1回のカード利用で年会費788円になりお得です。旅行傷害保険は海外・国内旅行ともに最高1000万円が自動付帯される。Suicaへのチャージでも1%のポイント還元される。
コストを重視する人なら
ANA JCBカード
ANA JCBカード
年会費:2100円(初年度無料)
年会費の割引特典はないが、2100円なので標準的。家族カードも年会費1050円とリーズナブル。ANAカードファミリーマイルに参加すれば、家族のマイルを合算できるのもポイントです。マイル以降手数料も2100円/年度と安くローコスト派におすすめです。

ANAカードの総合ランキング

1 ANA VISA Suicaカード
ANA VISA Suicaカード 年会費: 2100円(初年度無料)
VISA

クレジット、ANAマイレージ、Suicaの3機能が1枚に!ANA VISA Suicaカード

  • ポイントはANAマイレージ、Suicaに移行可能!
  • 飛行機も電車も、これ1枚
  • 入会時・毎年のカード継続時にボーナスマイルをプレゼント
  • 旅のマイルがどんどん貯まる!
詳 細 へ

2 ANA JCBカード
ANA JCBカード 年会費: 2100円(初年度無料)
JCB

Suicaを使わないならANA JCBカードがおすすめです

  • 初年度年会費が無料
  • ANA JCBカードでマイルをためて特典いっぱい
  • Oki Dokiポイント→ANAマイルの移行手数料が最安
  • クレジットカードにEdy機能を搭載!
詳 細 へ

3 ANA JCB ワイドカード
ANA JCB ワイドカード 年会費: 7612円
JCB

ANA JCBカードより年会費が高いが付帯保険が充実でボーナスマイルがお得

  • 最高5,000万円の国内航空傷害保険/海外旅行傷害保険
  • ANA JCBカードでマイルをためて特典いっぱい
  • クレジットカードにEdy機能を搭載!
詳 細 へ

4 ANA ワイドゴールドカード(VISA、MasterCard)
ANA ワイドゴールドカード(VISA、MasterCard) 年会費: 14700円
VISA MasterCard

海外によく行く人など飛行機をよく利用する人におすすめのゴールドカードです

  • <ご利用の多いお客様向けサービス> ANAゴールドカード特別ボーナス
  • 飛ぶたびボーナスマイル+25%
  • 海外・国内旅行傷害保険:最高5,000
  • ポイント⇒マイルの手数料無料
  • Edyチャージでもマイルがたまります
詳 細 へ

5 ANA JCB ワイドゴールドカード
ANA JCB ワイドゴールドカード 年会費: 14700円
JCB

海外によく行く人など飛行機をよく利用する人におすすめのゴールドカードです

  • <ご利用の多いお客様向けサービス> ANAゴールドカード特別ボーナス
  • 飛ぶたびボーナスマイル+25%
  • 海外旅行傷害保険:最高1億
  • ポイント⇒マイルの手数料無料
  • Edyチャージでもマイルがたまります
詳 細 へ

6 ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード) 年会費: 2100円(初年度無料)
JCB

東京メトロの乗車機会が多い人におすすめのカード

  • 東京メトロの乗車ポイントが多く貯まる
  • マイルへの移行レートが高い
  • 定期券購入時にもメトロポイントが貯まる
詳 細 へ

7 ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 年会費: 7350円
American Express

出張・旅行で飛行機をよく利用する人におすすめのカードです

  • 国内主要空港ラウンジが同伴1名まで無料利用(ハワイ、仁川も)
  • ANAグループ利用でポイント1.5倍
  • 海外旅行傷害保険:最高3,000万円
詳 細 へ

8 ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 年会費: 27300円
American Express

出張・旅行で飛行機をよく利用する人におすすめのゴールドカードです

  • 国内主要空港ラウンジが同伴1名まで無料利用(ハワイ、仁川も)
  • ANAグループ利用でポイント2倍
  • 海外旅行傷害保険:最高1億
詳 細 へ

1
QLOOKアクセス解析