マイレージ ランキング

マイレージ ランキング

どこの航空会社のカードにするのかを決める

航空機どこの航空会社のマイレージを貯めるかで迷う方は多いと思いますが、初心者の方であれば、まずは国内の航空会社、すなわちJALかANAのマイルを貯めることをおすすめします。外資系の航空マイレージも有効期限が無期限のところがあったりと魅力的だったりするのですが、マイレージのルールについての説明が不十分だったり、肝心の説明が英語でしか記載されていないことがあったりするのが難点。とりあえず国内航空会社のマイレージで経験を積んでみて、外資系のほうが魅力的に思えたら乗り換えを考えればいいのではないでしょうか。 それでは、JALとANA、それぞれのマイルが貯まるおすすめカードをご紹介。マイル付与率はどれも横並びだが、電子マネー対応や年間のコストが微妙に異なります。自分のライフスタイルに合ったカードを選ぶのが効率よく貯める近道です。

航空系カードの最大の特徴は、マイルの還元率の高さにあります。航空系カードとその他のカードのマイル還元率には、約3倍もの開きがあります。貯まったマイルは無料往復航空券だけではなく、エコノミークラスからビジネスクラスへのアップグレードにも使えます。

航空系カードの選び方

航空系カードの選び方のポイントとしては、提携際の企業・団体やサービス・機能もさることながら、どの航空会社のカードにするかが重要です。それぞれが加盟する航空連合内であれば、他の航空会社を利用してもマイレージが貯まります。 たとえば、ANAが加盟するスターアライアンスは加盟28社で世界最大です。JALが加盟12社のワンワールド15社の加盟となっている。各航空連合の加盟会社のラインナップも、よく検討した上で入会をおすすめします。

スターアライアンス

ANAが加盟しているスターアライアンスは、世界最初の航空連合。ANA、ユナイテッド航空、シンガポール航空、タイ国際航空と、日本人におなじみの航空会社が27社加盟している。2011年秋にはコンチネンタル航空も加入し、北米だけでも4社が加盟するまさに世界最大の航空連合です。

スターアライアンス

ワンワールド

JALが加盟しているワンワールドは、JALのほかにアメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズなど12社が加盟する。オセアニアや南米では一番の路線網を持っている。

ワンワールド

スカイチーム

デルタ航空、エールフランス、大韓航空など12社が加盟する航空連合。日本の会社はないが、アジア圏では3社加盟している。

スカイチーム

※海外旅行傷害保険もチェックしましょう。

JALカード

JALカードは提携企業に鉄道系が揃っている。これらとの連携がお得なポイントです。交通系の電子マネーのチャージはもちろん、「JALカード Suica」「JALカード TOP&ClubQ」「JALカードOPクレジット」では提携企業グループ店での利用で、ショッピングマイルとポイントが両方獲得できる。
※JALカードはすべて、直接マイルが付く仕組み。カードの利用金額がマイルに換算され、毎月12にマイル口座へ自動で加算される。

Suica機能付きなら

JALカード SuicaJALカード Suicaは、JALカードの中で唯一、Suicaチャージでマイルが貯まるカードです。オートチャージ機能も付き、利便性抜群です。他のJALカード同様に、入会後初回搭乗時に1000マイル、毎年初搭乗時1000マイルが付きます。ツアーや正規割引航空券を利用時に100%のマイルがもらえる「ツアープレミアム」など、JALカードならではのサービスが受けられます。モバイルSuicaも年会費無料で利用できるので、電車・バスや電子マネーの利用が多い人ならおすすめです。※欠点といえば家族カードが作れないことくらいです。

特定私鉄を使っているなら

東急電鉄で通勤、通学など使っている人なら

JALカード TOP&Club QJALカード TOP&ClubQは、PASMOチャージでショッピングと同率のマイルが貯まります。PASMOのオートチャージ機能も付いているので、手間が省けて便利です。 東急グループ利用時にはマイルと同時にTOKYUポイントが貯まり、2000ポイント=1000マイルで移行できる。東急沿線ならマイルが貯まるチャンスが多い。(2000TOKYUポイント→1000マイルに移行可能)※Suicaチャージはマイル対象外

小田急電鉄で通勤、通学など使っている人なら

JALカード SuicaJALカード OPクレジットは、小田急線の乗車回数に応じて、最大7%の小田急ポイントが付きます。 さらに、小田急グループで買い物をするとマイルと同時に小田急ポイントが貯まり、2000ポイント=1000マイルに移行ができます。PASMOチャージでもマイルが貯まるので、小田急沿線在住なら間違いなくお得です。※Suicaチャージはマイル対象外

海外出張が多いなどよく飛行機に乗る人なら

JALカード CLUB-A TOP&ClubQJALカード CLUB-A TOP&ClubQは、海外に出張する機会が多い人におすすめするカードです。年会費10,500円(家族カード:3675円)で高額だが、特典が魅力。入会後初回搭乗時には5000マイル(普通カードは1000マイル)、翌年以降も毎年最初の搭乗時には2000マイル(普通カードは1000マイル)がもらえるほか、搭乗ごとに区間マイルの25%(普通カードは10%)プラスされるなど、飛行機に搭乗すればするほどおトクなカードです。 最高5000万円の海外旅行保険がつくなど手厚い保証も特徴。
年会費に加えて、2100円を払いショッピングマイル・プレミアムに入会すると、通常200円の利用で貯まる1マイルが100円利用で1マイル貯まるので、国内での買い物を集中させるとマイルが貯まりやすくなります。さらにPASMOへのオートチャージやWAONへのクレジットチャージでもマイルが貯めることができます。 ※ゴールドカードではないので空港ラウンジを利用することはできない。

サブカードに年会費無料のローソンPontaカード

ローソンで貯めてJALマイルに移行しよう

JMBローソンPontaカードVISAローソンPontaカードはローソンなどのPonta提携店で提示すると、100~200円=1Pontaポイントが貯まります。加えて、ローソンでは精算ごとに1ポイントがもらえます。2Pontaポイント→1マイルに移行することが可能です。

ANAカード

JALカード同様、こちらも利用額に対するメイルの付与率が高いうえに、カードへの入会時、および毎年の継続時に1000~2000マイルがボーナスが加算されたり、フライト利用で貯まるマイルが10~25%アップするなどの特典が用意されています。

ANAカードでは頻繁に入会キャンペーンを実施している。ボーナスマイルや商品券など有利な特典をGETしたい。

※ANAカードはすべて、いったん貯めたポイントをマイルに移行する必要があります。自動移行方式か応募方式を選択でき、いずれも所要期間は1~2週間かかる。

Suica機能付きなら

ANA VISA SuicaカードANA VISA Suicaカードは、文字通りSuica機能が付いており、Suicaチャージ時もポイントがもらえるのでお得です。改札を通る際に自動で入金してくれる「オートチャージ」にも対応している。他のANAカード同様に入会時と毎年継続時に1000マイルが付くなどボーナス特典も十分です。欠点といえば家族カードが作れないことくらいです。
通常、年会費2100円(初年度無料)のところを「マイ・ペイすリボ」に登録すると翌年度より年会費が788円に!毎月の支払額を限度額いっぱいに設定すると金利手数料もかかりません。

マイ・ペイすリボとは

毎月のお支払金額をお客さま自身に決めていただくお支払方法です。 毎月のお支払いは、最低お支払金額の5千円から(ワイドゴールドカードは1万円から)。最低お支払金額以上あれば、「一部でも全額でも」ご都合に合わせてお支払いになれます。

Suica機能なしなら

ANA JCBカードSuicaを使わないなら、「ANA JCBカードがいい。マイル移行の手数料が年間2100円と安く、手軽にマイルを貯めたい人におすすめです。家族カード(年会費1050円)も作成できるので夫婦や親子でもマイルが貯まりやすい。

飛行機利用が多い人なら

飛行機の利用が多いなら「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」がおすすめです。ANAグループでの航空券の購入や機内販売での利用で1.5倍のポイントが獲得できます。このポイントも年間5250円のポイント移行コース参加費を払えば、1ポイント=1マイルに移行できる。
通常、ゴールドカードを持っている人しか利用できない空港ラウンジ(国内とホノルル・仁川)を同伴者1名とともに無料で利用できるなど出張には強い味方になるカードです。

ANAカードをメインに サブカードに年会費無料のファミマTカード

Tポイントを貯めてANAマイルに移行しよう

ファミマTカードファミマTカードはファミリーマートなどのTポイント加盟店で提示すると、100円=1ポイントが付与。また、公共料金の支払いでもポイントが貯まります。500Tポイント→250ANAマイルに移行が可能です。

JALカードとANAカードを比較する

マイレージカード 総合ランキング

1 JALカード Suica
JALカード Suica 年会費:2100円(初年度無料)
JCB

JALカード唯一のSuicaがたまるカード

  • 年会費が入会後1年間無料
  • JALカード唯一のSuicaがたまるカード
  • JALグループ便のご搭乗でボーナスマイルが積算
詳 細 へ

2 ANA VISA Suicaカード
ANA VISA Suicaカード 年会費:2100円(初年度無料)
VISA

クレジット、ANAマイレージ、Suicaの3機能が1枚に!ANA VISA Suicaカード

  • ポイントはANAマイレージ、Suicaに移行可能!
  • 飛行機も電車も、これ1枚
  • 入会時・毎年のカード継続時にボーナスマイルをプレゼント
  • 旅のマイルがどんどん貯まる!
詳 細 へ

3 JALカード OPクレジット
JALカード OPクレジット 年会費:2100円(初年度無料)
JCB

小田急線を通勤・通学で使う人におすすめのカード

  • PASMOや小田急グループでもマイルがたまる
  • 小田急線の乗車回数に応じて、最大7%の小田急ポイントを付与
  • フライトでJALマイルがたまる
  • 小田急ポイントとJALマイルを相互交換可
詳 細 へ

4 ANA JCBカード
ANA JCBカード 年会費:2100円(初年度無料)
JCB

Suicaを使わないならANA JCBカードがおすすめです

  • 初年度年会費が無料
  • ANA JCBカードでマイルをためて特典いっぱい
  • Oki Dokiポイント→ANAマイルの移行手数料が最安
  • クレジットカードにEdy機能を搭載!
詳 細 へ

5 JALカード CLUB-A ゴールドカード(JCB)
JALカード CLUB-A ゴールドカード(JCB) 年会費:16800円
JCB

CLUB-Aカードに提携カード会社のゴールドサービスを付帯した最上級のカード

  • JALグループ便のご搭乗で会員だけのボーナスマイル
  • ショッピングマイルが2倍たまるショッピングマイル・プレミアム年会費無料
  • ツアーでも区間マイルの100%が貯まる
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円
  • JALエグゼクティブクラスカウンターでのチェックイン
詳 細 へ

6 JALカード CLUB-A ゴールドカード(VISA,MasterCard)
JALカード CLUB-A ゴールドカード(VISA,MasterCard) 年会費:16800円
VISA MasterCard

CLUB-Aカードに提携カード会社のゴールドサービスを付帯した最上級のカード

  • JALグループ便のご搭乗で会員だけのボーナスマイル
  • ショッピングマイルが2倍たまるショッピングマイル・プレミアム年会費無料
  • ツアーでも区間マイルの100%が貯まる
  • JALエグゼクティブクラスカウンターでのチェックイン
詳 細 へ

7 ANA JCB ワイドカード
ANA JCB ワイドカード 年会費:7612円
JCB

ANA JCBカードより年会費が高いが付帯保険が充実でボーナスマイルがお得

  • 最高5,000万円の国内航空傷害保険/海外旅行傷害保険
  • ANA JCBカードでマイルをためて特典いっぱい
  • クレジットカードにEdy機能を搭載!
詳 細 へ

8 ANA ワイドゴールドカード(VISA、MasterCard)
ANA ワイドゴールドカード(VISA、MasterCard) 年会費:14700円
VISA MasterCard

海外によく行く人など飛行機をよく利用する人におすすめのゴールドカードです

  • <ご利用の多いお客様向けサービス> ANAゴールドカード特別ボーナス
  • 飛ぶたびボーナスマイル+25%
  • 海外・国内旅行傷害保険:最高5,000
  • ポイント⇒マイルの手数料無料
  • Edyチャージでもマイルがたまります
詳 細 へ

9 ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード
ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード 年会費:年会費無料(条件あり)
American Express

ヤマダポイントやセゾン永久不滅ポイントをANAマイルに交換するのにおすすめなカードです

  • 初年度年会費無料、年間で1回の利用で年会費無料
  • ヤマダ電機でヤマダポイントが貯まる(還元率10%
  • ANAの提携パートナーの利用でANAマイルが貯まる
詳 細 へ

10 デルタ スカイマイルJCBカード・一般カード
デルタ スカイマイルJCBカード・一般カード 年会費:初年度5250円、次年度10500円
JCB

マイルの有効期限がないので、気長にマイルを貯めたい人におすすめのカード

  • マイル有効期限:無制限
  • 最高5,000万円の海外旅行傷害保険(自動付帯)
  • 入会時にボーナスマイル:2000マイル
詳 細 へ

マイルの基本

マイルには有効期限がある

JAL、ANAは、加算月から37ヶ月です。アメリカ系の航空会社は、マイル口座の最終変動から18ヶ月など、実質無制限のプログラムが多い。

マイル特典は売買禁止

国内の航空会社の場合、特典の利用は、会員の二親等以内の家族の利用に限られているため、譲渡や売買はできない。クーポンやご利用券も同様です。

他人のマイルは合算不可能

搭乗マイルは、搭乗した本人のマイル口座にのみ加算できる。例えば子供の搭乗マイルでも、搭乗した子供のマイル口座以外には加算できない。

マイルの価値は特典次第

1マイルの価値は、交換する特典の内容によります。例えば同じハワイ特典航空券でも、繁忙期と閑散期では、倍以上も価値が変わってくることがあります。

QLOOKアクセス解析