使い方

電子マネー特典で使う

  • 年間上限、一定以上交換での交換率低減など交換制限ができ、特典利用の魅力低下
  • 手数料まで払うクレジット会員がマイルを電子マネー特典に交換するメリットは少ない
  • 電子マネー特典の交換上限は権利と割り切り、その範囲で利用する


海外のマイレージにはないJALとANAだけの特典です。最近は交換上限や年間に一定以上の交換では交換率が低滅してしまい電子マネー特典の魅力は激減しました。特に提携クレジットカード会員には、手数料を払った上に価値を減じる電子マネー特典への交換は得策ではありません。 

 



JALやANAのマイレージのクーポンで使う

クーポンJALとANAのマイレージで獲得できる金券タイプの特典です。さらに紙タイプのクーポンに加え、機能は異なる。電子クーポンJAL(IC利用クーポン)とANA(eクーポン)もあります。

 
  • マイルの失効直前に利用券に交換するとマイルの有効期限を実質的に約1年間延長できる機能を果たす
  • 航空会社の利用券(クーポン)紙タイプ、電子タイプともパートナー特典より利用先は限定されるが遍元率が高く JAL、ANAなら交換上限がない
  • 電子タイプのクーポンはANAとJALでは還元率や用途に差がある
     
 

旅行商品(ツアー)に使う

  • JAL、ANA、デルタでのツアー商品のマイル利用法は異なる点が多い
  • マイル交換で利用できるツアー商品の梱類は限定される
  • 国内2社のツアー会員になるとキャンペーン期間なら旅行商品(ツアー)なら特典航空券交換よりも少ないマイルから使える 

アップグレート特典で使う

  • アップグレード特典は国際線特に欧米線)での利用がメリット大
  • マイルとの交換なら最初からワンランク上の特典航空券交換の方が交換レートでは有利
  • ANAのアップグレード特典は未使用時に手数料がかからない 

 

長距離路線のビジネスクラスやファーストクラスに乗ると、エコノミークラスとは座席のみならずラウンジや食事など待遇の歴然とした差に驚き、次も是非乗ってみたくなります。差額を払わずに搭乗クラスをワンランク上へしてくれるサービスをアップグレードといい、従来は航空会社の独自基準でのサービスでしたが、アップグレード特典なら誰でも利用可能になりました。 


国際線(海外路線)特典航空券で使う

  • 地方発の国際線特典航空券はJALのエリア区分が有利
  • 燃油サーチャージが掛からない国際線特典航空券は米国系航空会社
  • 国内2社は提携クレジットカードならより少ないマイルで交換できる 
QLOOKアクセス解析