電子マネー特典で使う

  • 年間上限、一定以上交換での交換率低減など交換制限ができ、特典利用の魅力低下
  • 手数料まで払うクレジット会員がマイルを電子マネー特典に交換するメリットは少ない
  • 電子マネー特典の交換上限は権利と割り切り、その範囲で利用する


海外のマイレージにはないJALとANAだけの特典です。最近は交換上限や年間に一定以上の交換では交換率が低滅してしまい電子マネー特典の魅力は激減しました。特に提携クレジットカード会員には、手数料を払った上に価値を減じる電子マネー特典への交換は得策ではありません。 

 

電子マネー特典の概要と傾向

交換には電子マネー対応の会員カード・ケータイアプリが必要

マイルから電子マネーに交換するにはJALではWAONならJMBWAONカード、ANAではEdyならAMC/Edyカードが必要です。この他JALは「伊予鉄い~カード」、西鉄nimoca、ANAでも関西私鉄系の電子マネーPiTaPaなどマイルから交換して電子マネーをチャージする受け皿になる提携カードを事前に用意しなくては、この特典は利用できません。Edy、Suica、WAONにはおサイフケータイのアプリで利用できるものもあります。セブンイレブンなどで使える電子マネーNANACOや関東地区の私鉄・バスの交通系電子マネーPASMOは一度提携カードのポイントに交換してから電子マネーチェージを利用します。

特典の種類によって年間の交換上限がある

JALカードSuicaは元々年間2万マイルが交換上限でした。その後マイルと交換可能になった電子マネー特典は、上限がないANAのEdyを除き、全て年間の交換上限が設定されるようになりました。なおPASMOにチャージ可能なJALのマイルから交換できるTOKYUポイントは年間上限がありませんが、パートナー特典に区分されています。

年間交換上限がなくても一定以上の交換率が低減する

世界で初めてのマイレージでの電子マネー特典Edyは、年度内にANCの他のパートナー特典も合わせて3万マイル以上の交換では、1マイル=0.5円と2万マイルまでの1マイル=1円の半分になってしまいます。

全国各地にできた交通電子マネー(SF)が次々とマイル交換可能に

SuicaはJAL(JALカードSuica)でもANA(ANAVISA Suicaカード)でも特定の提携クレジットカード会員ならマイルから交換可能です。さらにマイルは私鉄系の交通電子マネー(SF)、関東地区のPASMO、関叫地区のPiTaPa、北九州地区のnimoca、はやかけん、松山地区のい~カードなどと交換可能です。Suica以外のJR系での交通電子マネー(ICOCA(JR西日本)等)はいずれも今のところJAL、ANAのマイルから交換できません。

交通系マネーでSuicaの便えるエリアが全国区へ

Suicaは全国のJRと九州地区2つ私鉄系交辿電子マネーと相互運賃精算の提携を拡大したことで、ほぽ全国共通の交通電子マネーとして利用できるようになりました。

おサイフケータイなら電子マネー特典の交換がすぐできて便利

電子マネー特典はカード利用だとチャージ機や指定場所での交換となりますが、一部はおサイフケータイのアプリを使うといっでもどこでも交換できます。これ以外にはフェリカポート搭載のパソコンやフェリカーCカードのりーダライタであるパソリをPCに接続してもチャージが町能です。

 

電子マネー特典でのマイルの対策

電子マネー特典の年間上限は権利と割り切って便う

この特典はもともとJALとANAだけの特典で、両方ともマイルの期限は36ヶ月ですが、電子マネーに交換すると期限はありません。沢山マイルが貯まってしまう方は、今すぐに使う必要がなくてもEdyやSuicaなど実質無期限の電子価値に毎年2万マイル分を移しておくとマイルの有効期限を延長できる機能をはたします。但し1枚のカードにEdyは5万円相当まで、Suicaは2万円相当までしか蓄積できません。

交換率を低下させてまで交換はしない

ご利用券で1マイル=1.5円相当に使えるマイルを、現金同様に自由に使えるとはいえ3万マイル以上なら1/3の価値にしてまで電子マネーで使うことは非常にもったいない使い方です。手数料まで払っているクレジット会員は明らかに損をしてしまうので、電子マネー特典は年間上限で止めましょう。

使うものは値引きのない書籍や交通運賃で

現金なら金券ショップで同価値に使える商品券を購入して数%値引きして支払えますが、現金と同様に使用が自由な電子マネーはこのようには使えません。電子マネーは値引きがない法定再販品や交通運貨などに限って使うとその価値を最人限に生かすことになります。

Edyの送金機能に注目

Edyにはおサイフケータイを使って他のEdyユーザーにEdytoEdyという手段で電子価値を送金できます。これは他の電子マネーにはない便利な機能です。利用には費用がかかります。 


QLOOKアクセス解析