JALやANAのマイレージのクーポンで使う

クーポンJALとANAのマイレージで獲得できる金券タイプの特典です。さらに紙タイプのクーポンに加え、機能は異なる。電子クーポンJAL(IC利用クーポン)とANA(eクーポン)もあります。

 
  • マイルの失効直前に利用券に交換するとマイルの有効期限を実質的に約1年間延長できる機能を果たす
  • 航空会社の利用券(クーポン)紙タイプ、電子タイプともパートナー特典より利用先は限定されるが遍元率が高く JAL、ANAなら交換上限がない
  • 電子タイプのクーポンはANAとJALでは還元率や用途に差がある
     
 

クーポンの概要と傾向

ANAの紙タイプご利用券(クーポン)に新交換レート登場

ANAご利用券が最低1万マイルから交換できるようになりましたが、それまでの最低交換単位1万2千マイルで1万5千円相当(1マイル=1.25円)より還元率は1マイル=1円相当と低くなります。従来通りの1万2千マイルからの交換できるご利用券の還元率は変わりありません。紙タイプのクーポンなら最低交換マイル数は2万マイルからですがJALの方が1マイル=1.5円相当でANAより良い条件です。

交換に時間がかかる紙タイプは1枚5千円単位でおつりはもらえない。

紙タイプの利用券(クーポン)は、郵送で会貝の登録住所に届くために入手に数週間程度の時間がかかります。国内2社の紙タイプのご利用券(クーポン)は1枚5千円単位でおつりはもらえません。さらに使える店は指定された航空会社系列企業の売場、商品に限定されます。

電子タイプのクーポンはJALとANAで機能・用途が異なる

1マイル=1.5円相当に使える5千円単位のJAL利用クーポンに対し電子クーポンのJALIC利用クーポンは日本地区会員限定で1円単位に使うことができ、最低交換マイル数も1万マイルですが、交換率は1マイル=1.2円と下がります。インターネットで交換し支払いに即座に使えるのが利点です。ANAの電子タイプのクーポン(eクーポン)は1マイル=1.5円相当ですがANAの航空券購入に用途が限定です。

クーポンでのマイル対策

期限切れ対策として利用する

ANA、JALともにマイルの有効期限は36ヶ月間です。ご利用券の有効期限は交換(発行)後の13ヶ月目の未日なので、マイル有効期限を約1年実質的に延長でき、期限までに希望の特典航空券が交換できないときや具体的特典が決まらない場合などマイルの期限りれ対策に有効です。

家族のマイルを合算して便う

提携クレジットカード会貝は家族のマイルが合算利用の対象は生計を同一にする会員の配偶行と一親等の家族に限定され、クレジットカード有資格行の全員加入が必要で、マイル利用も一定の基準(有効期限に近いものから減算)でしか使えません。その点では、ご利用券は2親等以内のマイルを使え、より範囲が広い家族との合算利用が可能です。また利用可能な対象者間での譲渡も簡唱です。

航空券購入なら予約変更できるタイプか搭乗直前の購入に便う

利用券で購入した航空券は末使用でもマイルの払い戻しができません。予約変更のできない事前購入タイプの割引運賃を利用券で購入した場合、未使用でも全くマイルが無駄になってしまいます。確実な搭乗となる搭乗当日での航空券購入(シニア空割や普通運賃など)で使うのが賢明です。

ホテル利用ではANAとJALのメリットを便い分ける

ANA、JALとも系列ホテルの宿泊費を支払うことに利用できますが、利用券での支払いでもホテルマイルが付くのはANAだけです。ANAの利用券は海外ホテルでは使えませんが、JALは海外でも利用可能です。

JALIC利用クーポンは値引きがない商品購入向き

紙製クーポンが1マイル=1.5円で利用が系列企業に限られるのに対し、還元率が1マイル=1・2円と低ドするものの、JALIC利用クーポンは1万マイルからネットやおサイフケータイなら即時に交換でき、全国各地の空港内の提携ショップや日本国内のJAL系企業での支払いに1円単位で使えるので電子マネーに近い感覚で使える世界最先端の電子クーポンです。発足以米すでに約10年が経過し、全国の空港での利用接点が拡大しています。現金とは違いお店の選択幅が狭いので、値引きがきかない書籍や化粧品、タバコなどの購入に使うとメリット人です。 


QLOOKアクセス解析