アップグレート特典で使う

  • アップグレード特典は国際線特に欧米線)での利用がメリット大
  • マイルとの交換なら最初からワンランク上の特典航空券交換の方が交換レートでは有利
  • ANAのアップグレード特典は未使用時に手数料がかからない 

 

長距離路線のビジネスクラスやファーストクラスに乗ると、エコノミークラスとは座席のみならずラウンジや食事など待遇の歴然とした差に驚き、次も是非乗ってみたくなります。差額を払わずに搭乗クラスをワンランク上へしてくれるサービスをアップグレードといい、従来は航空会社の独自基準でのサービスでしたが、アップグレード特典なら誰でも利用可能になりました。 

アップグレード特典について

アップグレード特典は同じ航空会社に限定が主流

以前は各社が独自の基準で提供していた顧客優遇策のひとつであったアップグレードですが、マイレージでは一定のマイル数と交換することで、会員だれもが利用できます。アップグレード特典はそのクラスのラウンジの利用も可能になりますが、概ねマイレージと同じ航空会社便でしか利用できません。またコードシェア便では殆ど使えません。

一部には他社で利用できるアップグレード特典がある

スターアライアンス加盟航空会社とキャセイなどでは、一部の他社便でもマイルを使ってアップグレード特典を使うことができます。各社の上級会員が獲得したアップグレード券(ポイント)では他社アップグレードはできません。片道利用が基本ですが、キャセイでは他社の場合は往復利用しかできません。

アップグレード特典は航空券のブッキングクラスが重要

航空券は購入の仕方や価格によってブッキングクラスが決定され、それによりマイレージの利用条件が異なり、マイル獲得の条件(積算率)や利用にも人きく関係します。アップグレード特典はエコノミークラスの格安航空券や割引率の高い航空券では利川できないマイレージが殆どです。米国系のマイレージでは路線限定で、割引運賃でもマイルと手数料を追加することでアップグレードできる場合があります。

クラスによってマイル数は異なる

エコノミークラスからビジネスクラスにアップグレードするのに必要なマイル数とビジネスクラスからファーストクラスヘアップグレードするのに必要なマイル数は異なります。また一度に2つトーのクラスにアップグレードはできません。

航空会社と使用機材で一部アップグレードの対象外の便がある

スターアライアンスアップグレード特典など一部を除き、コードシェア便では提携会社のマイレージでのアップグレードは基本的にはできません。またシンガポール航空などでは最新鋭のA380のファーストクラスやビジネスクラスヘのアップグレードで、スターアライアンスアップグレード特典は使えません。

アップグレード未使用時にはマイル戻し手数料が不要なANAが有利

マイルとの交換でのアップグレード特典を使わなくなった場合、JALでは、特典航空券同様にマイル口座に戻す手数料が1回につき3000マイルか3000円必要ですが、ANAではかかりません。

アップグレード特典のマイル対策

アップグレードの可否はwEBを利用する。

JALなら国際線のネット予約検索画面で初めからアップグレード可能な最低運賃での検索が可能です。またANAのスターアライアンスアップグレード特典はネット申込みしかできません。

アップグレードの価値がある長距離路線が狙い目

折角マイルを利用してアップグレードするなら、利用価値のある新鋭機が投入され機内食も豪華な欧米線などの長距離路線にしましょう。JAL、ANAともアジアやハワイ等の路線ではグループ航空会社による古い機材や欧米線とは違うシート仕様の機材です。搭乗予定使の使用機材を確かめ古い機材ならマイルを使ったアップグレードするメリットはありません。

上級会貝でならマイルよりもアップグレードポイントを優先して使う。

JAL、ANAの上級会員になるともらえるアップグレードポイントは有効期限が1年間と短いので、まずマイル交換のアップグレードポイントを優先的に利用しましょう。

アップグレード特典は利用できる運賃を工夫する

アップグレード特典は片道旅程で利用できるので、JALならダイナミックセイバー運賃の往路また復路は割引率の高いタイプでも利用でき、利用可能な運賃をさらに安いものにできる点に注目しましょう。

アップグレードより、ワンランク上の特典航空券が交換率ではトク

概ねアップグレード特典の倍かそれ以下でアップグレード後の同じクラスに特典航空券と交換可能です。アップグレード対象運賃は割引運賃でも制約があり高めになりがちなので、個人旅行ならはじめからワンランク上の特典航空券を利用した方がマイルの交換率からはおトクです。 


QLOOKアクセス解析