2つ以上のマイレージの同時攻略法

  • 3大アライアンス加盟毎に一つのマイレージに参加していればマイル対策は万全
  • サプとメインは異なるアライアンスを区別して使う
  • 上級会員では二兎は追わない 

 

航空機利用の機会が多い方は、同じマイレージが使える航空会社の便に搭乗するとは限らず、2社以上のマイレージを同時利用することになります。その際に以下の基準を持って使い分けにすると、有利な攻略が可能です。

アライアンスを意識したマイレージ選択

今や世界の主要航空会社は3大アライアンスの時代です。マイレージでも各アライアンスに属する航空会社のどれか一つを持っていれば、共通のマイルを貯めることができます。同じアライアンスに属するマイレージに複数加盟しても、個人的に特典交換や上級会員など特別の付帯条件がない限り、集約のメリットが発揮しづらくなります。最低3大アライアンス加盟の各1社のマイレージに加入すればマイル捕捉はほぽ完全に可能となります。

メインとサブを区分けする

国内2社(JAL、ANA)では特典利用が配偶者か2親等内の家族に限定されます。友人や恋人などには利用できません。また提携クレジットカードを使った家族のマイルを合算利用できるプログラムは、利用者がさらに限定されます。一部の航空会社では会員が認めれば誰にでも自分のマイルを使わせることができます。アライアンスの出現でJAL、ANAの日本国内線利用のマイルを海外航空のマイレージに貯めることも可能になりました。貯めたマイルを誰が使うかで、利用するマイレージも変わります。

提携クレジットカードは絞り込む

航空機利用の多寡、提携クレジットカードでポイントを貯める、電子マネー利用など、マイルを貯める前提条件を自分の日頃のライフスタイルに照らして点検しましょう。特に提携クレジットカードは年会費やマイル移行于数料がカードごとに異なりますので、低廉な費用で最大効果を狙える組み合わせを検討したいものです。2つ以上のマイレージ同時攻略ならなおさらです。

上級会員では二兎は追わない

マイレージにはマイルの他に実際の航空機搭乗で付リされる上級会員資格ポイント(エリートポイント)があり、獲得した資格(ステイタス)により、各種の優遇策があります。メインの最上位ランクを楽々達成してしまう場合を除き、サブのマイレージでも上級会員資格を同時に手に入れようとすると結果的にメリットが分散してしまいがちです。ステイタス獲得は絞りこみがマイル上位に肝心です。 


QLOOKアクセス解析